| main | 上野ホルモン焼肉 女性の7割が一人での外食に「抵抗ない」……「ひとり外食」に関する調査 >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.09.20 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    上野ホルモン焼肉 タン、ハラミ、ミノ、レバー、大腸――国産と輸入の違いとは

    0
       殺人ユッケ騒動では、卸売業者やチェーン店の品質管理、厚労省の安全基準ばかりがクローズアップされるが、われわれ消費者はどれだけ牛肉について知っているだろうか。国産牛と輸入肉の違いを、人気のホルモン(内臓肉)の部位別に解説しよう。

       * * *
      【タン(舌)】
       国内流通の9割は輸入品で、国産はほとんど見ることはない。輸入品は円形に処理冷凍するため丸いのが特徴。

      【ハラミ(横隔膜)】
       1頭に2本しかない横隔膜。人気部位のため国産は希少品。ほとんどの焼き肉店で輸入品を使用している。

      【ミノ(第1胃袋)】
       国産は輸入品より肉厚ではないが、歯ごたえがある。脂の旨みがありながら臭みがないのも特徴のひとつ。

      【レバー(肝臓)】
       国産に比べると、輸入品は生食でも火を通しても食感にパサつき感がある。国産は色も味も濃いのが特徴。

      【大腸】
       シマチョウやテッチャンと呼ばれる。国産は脂に旨みがあり味が濃い。1頭から2キロしか取れない希少品。

      ※週刊ポスト2011年6月3日号



      スポンサーサイト

      0
        • 2011.09.20 Tuesday
        • -
        • 12:49
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM